fc2ブログ

救急応急処置 研修

保育園の保護者会研修で、

一般家庭で必用な、救急医療の応急処置の研修を

企画していたので、参加しました。


実技を期待していましたが、1時間の中では、

難しいようで、知識のほうでしたが、

いざという時は、そうでなくてもあわてるのに、

予備知識が頭のどこかに 入っていて、

引っ張り出せるといいですね。


のどに物(食べ物を含めて、いろいろ)がつまってしまった時も、

実は、意識がある時は、咳をしてもらうことが一番らしいです。

背中をたたくのは、二番目。



私も過去に、主人のお義母さんが倒れた時に、

主人と一緒にいて、救急車を呼ぶだけで、

パニックになって、「何番だっけ?」と

わからなくなった覚えがあります。

主人は、実のお母さんなのに、緊急応急処置をしていました。

すごい・・・。



一番に何をすべきかを頭に中で予行演習して・・・。

次回、機会があれば、実技の講習も受けたいなと思いました。






line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【救急応急処置 研修】

保育園の保護者会研修で、一般家庭で必用な、救急医療の応急処置の研修を企画していたので、参加しました。実技を期待していましたが、1時間の中では、難しいようで、知識のほうでしたが、いざという時は、そうでなくてもあわてるのに、予備知識が頭のどこかに 入ってい?...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

えんぜる

Author:えんぜる
11歳の男の子を育てながら、リラックス、自らを見つめる  よりくつろいでいる状態とは? より生命を輝かせるなどをテーマにライフワークを楽しんでます。2011年7月、主人と「えんぜる」をオープンし、アロマトリートメントや足リフレクソロジー、マナヒーリングを通じて、仕事も楽しんでいます。

仕事やプライベートで、いろいろ発見したことや、ワクワクしたことを書き込めたらいいなぁ!



アフィリエイト

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line