fc2ブログ

隠岐の島 二日目

IMG_0774.jpg

宿から眺めた景色、朝
  IMG_0776.jpg

二日目は、海上タクシーをしてくれる船頭さんに
しまず島というところに漁の船で送ってもらい、
海水浴しました。

何年も前に、主人と二人でこの海水浴場に来たのですが、
その時には、出来ていなかった、シャワールームなどが出来ていて、
その屋根で日陰になっているところに、敷物をしいて、休憩場にしました。

IMG_0770.jpg
シャワールームの建物から 海に向かって左側の風景。  
     IMG_0767.jpg
     海に向かって正面。中央に浮いたプラスチック製の浮きがあり、
     地元の子供たちが、その上から、飛び込みをしていました。
     私たちも歩いてみました。
         IMG_0765.jpg
         海に向かって右側。
         私たちがここで砂場遊びしたり、魚をおいかけたり、
         息子が泳ぎの練習をしました。

IMG_0758.jpg
小魚がいっぱい見えるかな?シュノーケリングの準備OK!
いってらっしゃ~い!

波打ち際まで、身体の色が、砂の色とカモフラージュした小魚たちが泳いでいます。

少し浅いところに小さいふぐが泳いでいるのが見えます。

貝殻を探していると、さざえが・・・。
主人に見せると、まだ小さいから逃がそうね。と、
主人がみつけてきた、さざえと一緒に遠くの海にになげてくれました。

砂浜で、砂の芸術作品も作りました。
私はかめ。息子はゆきだるま。
私が砂だるまだね。というと、息子は、雪だるま!と。

どちらが早く波にさらわれて形がなくなるか?
と、息子。

「お母さん、お母さんのかめ、くずしてもいい?」
子供は出来上がった作品を壊すのも好きよね~と思いながら、
「いいよ!~」というと、
少したって、「おれのほうの砂が、まだ残っているから、おれの勝ち!」
と、息子。
勝ちたかったのね。と理由がわかりました。

2時半ごろに、渡し舟をしてもらった船長さんが
迎えにきてくれて、宿に向けて、港まで出発。





line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

えんぜる

Author:えんぜる
11歳の男の子を育てながら、リラックス、自らを見つめる  よりくつろいでいる状態とは? より生命を輝かせるなどをテーマにライフワークを楽しんでます。2011年7月、主人と「えんぜる」をオープンし、アロマトリートメントや足リフレクソロジー、マナヒーリングを通じて、仕事も楽しんでいます。

仕事やプライベートで、いろいろ発見したことや、ワクワクしたことを書き込めたらいいなぁ!



アフィリエイト

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line